通常、銀行や証券会社の窓口で投資信託を購入すると商品によりますが、3.24%の販売手数料がかかることがあります。(商品によってはもっと低い販売手数料の場合もあります。)

しかし、インターネット専業証券では、同じ投資信託がノーロード(販売手数料無料)で購入可能なことがあります。

同じ商品なら手数料が無料の方がお得ですよね。

もっとも、私の主張は、投資信託を購入するなら、低コスト(低信託報酬)のノーロード投信を購入するということです。

最近は低信託報酬のインデックスファンドで運用会社間の競争が激化しており、ノーロード、かつ、低信託報酬の投資信託が続々と誕生しています。

私のお勧めはそうした投資信託を定期的に積立購入することです。

販売手数料を取ったり、信託報酬が高い投資信託が100%劣っているとは言えませんが、投資をする上で「コスト」という言葉に敏感になって欲しいと思います。

また直販(投資家に直接、投資信託を販売する方式)をしている運用会社の投資信託もノーロードがありますので、インデックスファンド以外にも視野を広げたい方には選択肢になると思います。