インデックスとは対象となる市場の対象となる全銘柄の動向を表す指数のことです。例えば、テレビニュースで耳にする日経平均株価とは日本を代表する225銘柄で構成されたインデックスです。またTOPIXは東京証券取引所に上場されている全銘柄からなるインデックス(指数)です。

インデックスファンドはこのインデックス(指数)と連動した値動きを目指した投資信託です。基本的に信託報酬などのコストが低く、投資信託の積立購入を行う際には真っ先に候補に上がる商品です。

一方、アクティブファンドとはインデックス(指数)を上回る成績を目指す投資信託です。上手く運用されればインデックスファンドに比べて大きな利益を得ることができますが、その逆もありえます。

インデックスファンドを上回る成績を上げるアクティブファンドは半数にも満たず、成績がよくても今後もその成績を維持することが可能か不明です。また事前に今後、成績が良くなるアクティブファンドを選ぶのは至難の技です。

またアクティブファンドはインデックスファンドに比べて販売手数料や信託報酬などのコストが高めであるという面もあります。

ただ直販のアクティブファンドの中にはコストをなるだけ抑えているものもあります。

投資信託の積立購入をする際には低コストのインデックスファンドをメインにし、場合によっては「直販」の比較的、コストの低いアクティブファンドを組み合わせるのが良いかと思います。