積立投資のメリットとして時間を分散させた投資ができることです。ドルコスト平均法とも言われますが、安いときに多く、高いときに少なく投資することになります。ただしドルコスト平均法が必ずしも優れているとも言えません。

上げ相場が続くときは一括投資を先にした方が利益は多く出ます。しかし、投資信託の基準価格は上下を繰り返すものです。その点から見ればドルコスト平均法が適していると言えるでしょう。

また、ネット証券では投資信託の積立投資を月500円や月1000円から行うことができます。国内外の株式、債券に分散投資しても月1万円以内で国際分散投資ができるポートフォリオを組めることになります。

また、投資信託の積立投資は証券口座や指定した銀行口座から定期的に資金が投資に回されます。従って設定をすれば毎月、自動的に投資をしてくれて毎月、投資の操作をする面倒がありません。