投資信託を解約する際に「信託財産留保額」を取る投資信託もあります。これは解約の際にかかる売買手数料などのコストを引き続きその投信を保有する投資家が負担することがないように、出て行く人が負担するという仕組みです。

従ってコストとは少し概念が違うかもしれません。

また信託報酬以外にも投資信託の保有銘柄を入れ替える際などの売買委託手数料、また決算時に監査法人から受ける監査費用などもその都度、残高から引かれます。

なお、売買委託手数料は当然、事前にはわかりませんが、運用報告書に記載されているので、そこで確認できます。