分散投資には「時間の分散」と「投資対象の分散」があります。

時間の分散は一度に投資信託を資金全額で購入する方法と時期をずらして、例えば毎月、一定額を投資する方法があります。

前者は投資後に投資信託の基準価格が上がれば効率が良い投資方法ですが、その逆もありえます。一方、毎月、一定額を投資する方法は価格が低いときに多く、高いときに少なく購入することになりドルコスト平均法とも言われています。

ただ、ドルコスト平均法が必ずしも優れているかと言うとそうとも言えず、ドルコスト平均法で投資をすれば確実に儲かるというイメージは持たない方が良いと思います。

ただ一括投資よりドルコスト平均法の分散投資の方が「時間によるリスクの分散」の効果が得られます。